ウィメンズ漢方の住吉です。
今日は、とても嬉しいご報告がありましたので、ご紹介させてくださいね。

Hさんと始めてお会いしたのは、去年の11月です。
漢方カウンセリングにいらして下さった時は、実は流産を経験されて、半年位経ち、不妊治療を再開されるというタイミングでした。
その時の血液検査では、FSHの値が32となっていて、「卵巣機能が落ちている」と言われた事で、とても不安を強く感じていらっしゃいました。

体質としては、

・肝(自律神経を司る)の高ぶり
・気虚(エネルギー不足)
・気鬱(ストレスによるエネルギーの鬱滞)
・瘀血(気滞により、血流の悪化)

がありました。

自覚症状としては、

・突発性の発汗があり、汗をかくのに、下半身は冷えている
・のぼせ
・生理前に、情緒不安定になりやすい

などがありました。

基礎体温も、しっかりとつけていただいてはいないのですが、ギザギザな体温で、ホルモンバランスの崩れが予想できました。
そのため、漢方では、血流の改善とからスタートして、今年に入ってからは、補腎(アンチエイジング)の処方を使っていくと、自覚症状はほぼなくなりました。

加えて、お通じの改善や、お肌の調子がよいこと、また、カウンセリングの効果を感じていて、気持ちが落ち着くようになったとお話し下さっていました。
そして、漢方を始めて頂き、7ヶ月で、陽性、胎嚢確認のご報告を下さいました。

ご本人からは、

FSH32になり、不安を感じての相談でしたが、5W1Dで、胎嚢が確認出来ました!
まだまだ不安ですが、もうダメかと思っていましたので、良かったです。
ほんとうにもうダメかと思ってました。
漢方と先生のカウンセリングのおかげです。
ありがとうございました。

と、メッセージを頂きました。

一度流産を経験されていますので、おそらく赤ちゃんが生まれてくるまで、不安になる事はあると思います。
今は、出来るだけ赤ちゃんの力を信じて、ゆっくりと過ごしていただきたいと思っています。
不安に、押しつぶされそうになりながらも、諦めずにご自身の身体と向き合って下さったこと、そのサポートができたこと、私も嬉しく思っています。

読んで下さった方もありがとうございました。
もし今、不安に思われていることや、気になることがある方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

遠方の方には、ZOOMでのカウンセリングも行なっています。

【クリニックの漢方外来・個別の漢方カウンセリングのご案内】

矢内原ウィメンズクリニック(鎌倉)の漢方外来
京野アートクリニック高輪(品川)の漢方外来
みむろウィメンズクリニック(町田)の漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座(銀座)の漢方外来
八重洲中央(八重洲)クリニックの漢方外来

はるねクリニック・八重洲中央クリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。

個別の漢方カウンセリングはこちらの予約フォームからご予約可能です。