・男性不妊のお客様

今日は許可を頂いたので、年末にご夫婦で、ご相談に来て下さった方の事例をご紹介します。

o0400026613622995088

ご結婚4年目で、なかなか妊娠せず奥様が病院に行ってみて、一通り検査をしたけれど、大きな問題はなく、タイミング療法で様子を見られていたのですが、結果がでず。

人口受精の前に精液検査をした結果、男性不妊の要素が強い。。と分かりました。

「男性不妊」増えてるんですよね。

環境とか、食べ物とかいろいろな原因があると言われてますが、なんと言ってもそれが分かった時の、男性のダメージが大きい。

男性不妊と言われた男性の方が、女性が不妊体質と言われるよりもショックは大きいと言われています。

何となく女性が原因と思われてしまいがちなのですが。。

お2人の関係もギクシャクしてしまったそうで、治療について話し合う事も、雰囲気が悪くなってしまうので避けているとの事でした。

男性不妊に用いる漢方は、生殖機能を司る腎に作用するものが多いのですが、お話を伺っていると

お仕事でのストレスが多く、眠りが浅く、よく夢でうなされている。

お酒の量も多く普段は穏やかなのですが少しイライラされている。

との事でした。

来て頂いた奥様の気持ちを考えると、もちろん何とかしたいのですが、漢方を服用するのは、やっぱり本人の意思が必要だと思っています。

ずーっと漢方相談をさせて頂き、小さなお子様は別ですが、自分で良くなりたいと願って服用するのと、嫌々で服用するのでは、全然効果が違うように感じます。

その事をお伝えして、今まで対応させて頂いた男性不妊の方達の、心を動かした奥様達の対応をお伝えしました。

その日は相談のみで帰って頂いたのですが、後日、お電話がありました。

ご主人からでした(^-^)

その場でカウンセリングさせて頂きました。

神経過敏、精神不安が強く過敏性腸症候群もあり。。

また胸脇苦満もないなどを目標に、やはり補腎剤は使わずに処方を組みました。

元気をつける処方は使わずに、先に疲れを癒す処方をお渡ししました。

まだ効果の出る段階ではないのですが、奥様から、

「積極的に治療についても、話が出来るようになりました。」

って嬉しい報告を頂きました(^-^)

また、不眠の方へのお勧めの食材として、

心(心臓ではなく)の血液を補う食材、ユリ根、バナナ、なつめなど。

セロトニンを多く含む、牛肉、鶏肉、さつまいも、じゃがいも、いちご、くるみ。

また、レタスやキャベツにも催眠作用がある事をお伝えしました。

よい結果がでるよう、これからもサポートさせて頂きますね。
男性不妊の定義や、取り組みやすい養生については、こちらの記事でも紹介しています。