こんにちは。漢方薬剤師・国際中医専門員の住吉 忍です。

今日は、男性不妊の漢方と生活養生(体の不調を起こさないための生活週間)について書かせて頂きますね。

最近、旦那様の状態を良くしたい奥様から「男性不妊にいい漢方はありますか?」というご質問をいただく事が増えてきました。

男性の精子の状態が、不妊治療を進める上で、ネックになってしまっているけれど、どうしていいか分からない。。という方も多いですよね。

亜鉛のサプリをとりあえず服用しています!という方も多いです。

東洋医学では男性不妊においても、やはり「必要な養生や漢方」は、その方によって異なると考えますので、この漢方が男性不妊にいい!というのは、少し乱暴な処方になってしまいます。

男性のカウンセリングをしていると、暑がりな方が多い為、冷房がないと不調になる方も多く、女性が同じ温度で過ごすと、冷えを助長してしまう事もあります。

漢方での身体作りの結果、男性の籠った熱を冷まし、女性は冷えない身体になることで、一緒に過ごしやすくなって頂けるケースも多いです。

一方で、冷え性の男性も増えています。

また、お仕事が多忙で、体に疲れが出ている方は多いのですが、その出方は様々です。

・イライラしちゃう方

・朝、出社しようとすると、吐き気がする方

・眠れない方

・タイミングの日が近づくと、気が重くなる方(子供は欲しい)

・性欲が高まる方(精神疲労に多い)

・性欲が減退する方(肉体疲労に多い)

このように、出てくる症状は様々ですので、ケアの方法も当然、人によって変わります。

悪化すると、鬱になる方や、生活習慣病と鳴って、検診で引っかかってしまう方も少なくありません。

男性も女性同様に、妊娠しやすい体作りは、その方に必要な漢方や養生を取り入れて、体の環境を心地良い状態にする事が大切です。

それと同時に、精子にとって、必要なミネラルや、ビタミンは、もちろん、日々取り入れられるといいですね。

精子は熱に弱いので、陰部を温めすぎない事も大切です。
サウナや、ボクサーパンツのような下着は避けましょう。

そして、ぜひ、お願いしたい事は、禁煙です。

血流の悪化や、活性酸素が増えてしまうので、こちらは止めて頂きたいのですが、ストレスが強くて、止められない場合は、まずは、ストレスのケアから始めましょう。

無理に禁煙だけをして、ストレスフルになると、食欲が高まり、急激に太ってしまう方も多いです。

男性は、女性よりも、ストレスを吐き出せずに、溜め込まれている方も多いです。

男性不妊である事を、強くストレスに感じてしまう方もいますので、体や状況に合わせた
方法で精子の状態を改善して頂きたいと思っています。

担当している漢方外来では、ご夫婦での受診はもちろん、男性のみ、また奥さまからのご相談に対しても、生活週間、漢方のアドバイスをしています。

よろしければ、ご利用くださいね。

【現在漢方外来を担当させて頂いているクリニック】

矢内原ウィメンズクリニックの漢方外来
京野アートクリニック高輪の漢方外来
みむろウィメンズクリニックの漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座の漢方外来

はるねクリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。