・湿度が高い日は、不調になってしまう方へ

梅雨らしくなってますね。

天候が不安定で、湿度も高い毎日です。

o0400026513683370706

この時期は、水滞体質の方に多いのですが、

・卵の成長が遅れ、排卵が遅れる

・排卵しない

・浮腫み

・冷え

などが悪化する方がいます。

また、水滞に熱が加わると、湿気と熱がこもり、のぼせの出る方もいらっしゃるのですが、思い当たる方はいらっしゃいますか?

この場合、「湿」による不調で、酷くなると熱中症も招きますので、注意が必要です。

敵は、「湿」なのですが、その他の体質によって、少し対応が異なるので、ご紹介しますね。

水滞があり、冷えのある場合には、余分な水分を出し代謝をあげたいのですが、利水効果のある、野菜や果物は、不向きです。

絶対食べたら、ダメではないのですが、トマト、キュウリ、スイカ、冬瓜などは、少量にしましょう。

こちらは、熱のこもっている体質の場合には、少し意識をして多めに摂ってもOKです。

これとは、逆に、ネギ、生姜、しそ、胡椒、山椒などは、冷えのある水滞の方は積極的に取り入れてみてくださいね。

そして、熱の籠っている方は、少量で取り入れてみて下さい。

量については、個人差があるので、言及しずらいのですが、ご自身の体の声を聞いて頂き、体調を見ながら取り入れて頂きたいと思います。

私のサポートを受けて下さっている方は、カウンセリング時に聞いて下さいね。

私も、昨日、お蕎麦を食べに行ったのですが、ネギと、わさび、大根おろしたっぷりで頂きました。

あ!大根おろしは、消化を助けます。(夜中のシュークリームが祟り、胃腸が弱っておりますした。)

日々の中に取り入れやすい食養生で、妊娠しやすい身体作りも、どんどんご紹介したいと思っています。

 

ご自身の体質が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみて下さいね。