・生理痛、排卵痛がある方へ

今日は、生理痛や排卵痛について書かせて下さいね。

カウンセリングに来てくださるお客様の中の半数以上の方が生理痛、排卵痛を抱えていらっしゃいます。

また、

「年齢を重ねるにつれて、痛みがなくなってきました。」

そんな声も頂きます。

漢方ではまず、「痛み」があるという事は、そこに血行不良があるという考えがあります。

肩こりや、頭痛の場合もそうですね。

「瘀血」の場合もありますが、血管の状態や、血が足りない事が原因の場合もあります。

痛みというのは、身体からのSOSです。

あなたを苦しめようと身体が痛みを出しているのではなく、「助けて」っていう身体からのメッセージです。

生理痛や、排卵痛、頭痛や、肩こりも、あって当たり前という事はありません。

鎮痛剤で比較的、すぐに治るので、気にされない方もいますが、痛みを誤魔化しているだけなので、身体は悲鳴をあげたままです。

本来は、痛みが起きない身体作りが、望ましいと思っています。

そうは言っても、痛みを我慢して下さい。と言っている訳ではありません。

痛みが出た時は、早めに鎮痛剤を服用する事も大切です。

激痛になってからでは、逆に身体への負担も大きいし、鎮痛剤も効きにくいからです。

月経痛の場合は、

・始まる前、初日位に、子宮がギューって絞られるように痛む場合は、血の流れが悪く、経血を流す為に力が加わっている状態です。

月経痛の後半から痛む場合は、血液が不足していると考えられます。

また、この時期に頭痛や、肩こり、浮腫みなどが起きるにのは、女性の身体が月経に対してエネルギーを消耗し、身体全体の血の流れが滞るからです。

年齢を重ねて、痛みがなくなったケースは血の量が少なくなって、滞りがなくなった場合が多いです。

排卵痛の場合は、卵巣周りの血流が悪かったり、卵が飛び出す時の殻が硬くなっている可能性があります。

その為、身体全体を潤わせる陰が必要な状態と考えられます。

改善の為には、気血の巡りのどこが滞っているかを探り、流れをスムーズにする事が大切です。

生理痛や、排卵痛があったら、妊娠しない!という事はありません。

でも、痛みがあるという事は、そこに不調が隠れています。

痛みの不調を整える事で、あなたが元気になり、妊娠に向けたエネルギーは高めていけると思います。

月経や排卵は、あなたの身体の状態を知るチャンスです。

リセットした落ち込みで、気にしてられない時期かもしれません。

その気持ちの落ち込みを、癒す事も大切です。

でもその落ち込みは、血の不足から、落ち込み易い身体になっているとも言えます。

心と身体は、繋がっています。

まずは、身体を整える事でも、心は落ち着いていきます。

身体からのSOSを感じたら、労ってあげて下さいね。

こちらでも、生理痛や排卵痛の改善法について触れていきますね。

素敵な日曜日の夜をお過ごし下さい。