・卵の質が悪い。老化している。妊娠を2回するが5wと8wで流産。。と書いていらしたMさん(38歳)から、「心拍確認できました!」の報告がありました。

今日は、タイトルにも書きましたが、とても切羽詰まった状況でご相談に来てくださったMさん(38歳)の妊娠までの事例をご紹介させて下さいね。

o0400026613718684622

Mさんは、初めてご相談に来てくださったのは、去年の10月です。

もともと、色白で細く、虚証(体力がない)という体質で、お仕事が本当に忙しく疲れた状態でご相談に来てくださいました。

初めての問診には、

・タイミング、人工授精は全て陰性・採卵では、薬への反応が悪く、育ちにくく、受精しても成長が止める事が多い

・卵の質が悪く、老化していると言われている

と書いて下さっていました。

体質の面でも

・冷え性・肩こり

・血行不良の自覚あり

・足が浮腫む

・疲れがなかなか取れない

・貧血

・喘息、アレルギー体質

と、お話して下さっていました。

これは、しっかり身体と向き合って頂く必要があると感じた事を覚えています。

でも、お仕事はとても忙しい中、治療にもコツコツと通われるので、漢方では弱っている部分を補う事に注力していきました。

すぐに、疲れにくさなどは感じて頂けたのですが、春頃に、本当に寝る間がないほど忙しくなられてしまい、肌荒れなども酷く、

「漢方のおかげで何とか生活しています。。」

と、仰るような状況でした。

ご不安で涙を浮かべられた事も、何度もありました。

それから、春から夏にかけて、漢方に甘えて下さるような状況が続きましたが、コツコツと服用を継続してくださいました。

そして、7月に入りお仕事が落ち着き、漢方でも処方を見直して、体外受精にチャレンジ!

無事に凍結卵ができ、移植され、今回は、心拍確認のご報告を頂く事が出来ました。

ご本人からは、

「先生のおかげです。次の目標は、安定期まで行く事です。」

というメッセージを頂きました。

流産を経験していると、本当に階段を一歩一歩上っていくように感じますよね。

不安なマタニティ期間もしっかりサポートさせて頂きたいと考えています。

来て下さった漢方外来はこちらです。