・8ヶ月前、高FSHでお悩みだったMさん(42歳)から、「双子の心拍が確認できました!」とご連絡を頂きました。

実は、GW中から、とても多くの陽性反応、心拍確認のご連絡を頂いています。

他の方の妊娠報告は、辛く感じる方がいる事も感じていますが、この事例は、

「ぜひ、励みにして頂きたい!」

という方をご紹介していきたいと思っています!

o0400030013688788316

今日は、矢内原ウィメンズクリニックの漢方外来に9月末から来てくださったMさん(42歳)の事例をご紹介させてくださいね。

Mさんは、初回、高FSHである事、なかなか卵が育たず、治療がうまくいかずに悩まれていました。

冷えと、下腹部のはり、頭痛からの肩こりでお悩みでした。

体質にあった処方をお渡しして、1ヶ月で、体温が1度上がった事を報告してくださり、2ヶ月目には、頭痛などの不調も、なくなりました。

そして、実は、年明けの治療もうまく進んで、採卵移植→着床!までは進まれたのですが、化学流産の結果となりました。

でも、コツコツと身体作りは継続して下さり、その次にお休み周期を挟んで、移植した結果、また陽性反応!!

そして、先日、心拍確認のご報告を下さったので、ご紹介させてくださいね。

こんにちは。

矢内原ウィメンズクリニックの漢方外来でお世話になってます◯◯です。

先日は、電話でのカウンセリングも、ありがとうございました。

その後、7日のエコーで私も心拍を見せてもらいました。

そして双子だということもわかりました!!

体調はゴールデンウィーク始まったころから、食事の前後にムカムカするようになって、普段の2/3ぐらいに食事の量が減りました。

食後にムカムカするので食後の薬が4日ぐらいから飲みにくいです。食前の薬は大丈夫です。

妊娠中の、新しい薬をお願いしたいとおもいます。よろしくお願いします。

メッセージ、ありがとうございました!!

漢方外来がスタートして、約9ヶ月になります。

私のお客様で、漢方での身体作りを始めて、妊娠されるまでの期間は、環境や、状態により、翌月から2年くらいまで様々です。

平均でいうと10ヶ月くらいです。

その為、妊娠報告が相次ぐのも、予想はしていましたが、予想以上でもあります。

Mさんも、陽性からの化学流産などもありましたが、本当にコツコツと、身体と向き合って下さいました。

Mさんが来てくださった漢方外来は、こちらです。(ご新規の枠は、6月末か、7以降のご案内になります。)