矢内原ウィメンズクリニック漢方外来担当:薬剤師 住吉忍です。

今日は、基礎体温の正しい測り方を、ご紹介していきたいと思います。

教科書通りに、お伝えしますが、漢方の体質診断に必要なのは、ゆる~い取り組みの基礎体温で大丈夫です。

基礎体温で、排卵日を予測したり、妊娠しているかの予測に使うわけではなく、体の状態を知る材料となります。

よければ、ご自身の体を知るために、ゆるく取り組んでみてくださいね。

①毎朝、起きたらすぐに測る

基礎体温は、寝ているときの体温ですが、寝ているときに体温を測ることはできないので、目を覚ました時に、横になったまま測ります。

出来れば、毎日同じ時間に測って下さいね。

お休みの日や、二度寝などで起床時間がズレた時は、起きた時に測ってください。

②安静な状態で測る。

起き上がったり、寝返り、あくびや、伸びをするだけでも体温は上がってしまいます。

できるだけ体を動かさず、お布団の中で寝たまま測って下さい。検温中も動かないようにしてください。

③舌の裏側、根元に体温計を当てる

基礎体温計は、舌の裏側、根本に当てて測ります。もし舌の上で測ると0.1度ほどの誤差が出やすくなります。

舌の裏に当て、口を閉じて空気に触れないようにして下さい。

寝ぼけて測ると、口から外れてしまう方が多いので注意してくださいね。

④飲酒や睡眠不足、発熱や、疲れていた等、いつもと違う体調はメモを取る。

お酒を飲んだ次の日や睡眠不足のときは基礎体温を正しく測れないことがあります。

風邪などの発熱も、後で見直した時に、わかり易いように、メモを取って下さい。

注意のポイントは、

・低温期から、高温期への体温上昇にかかる日数

・高温期の日数

・低温期の日数

・低温期と高温期の体温差

・低温期の体温

・高温期の体温

・高温期から、低温期への体温下降にかかる日数

一緒に、月経の量と、日数もメモを取って下さいね。

・・注意ポイント、多いですね。

でもね、ストレスになっちゃう方、基礎体温に振り回されちゃう方には、お勧めしません。

基礎体温を通して、あなたの身体の状態を知りたい方には、お勧めしています。

あなたが心地良く感じる妊活を、取り入れて頂きたいと思っています。