【妊娠事例】きっと漢方を飲んでなかったら、いい卵は採れてなかっただろうし、妊娠することもなかったと思います。

今日は、採卵をしても、なかなかいい卵が取れずに移植まで進めなかった方からの妊娠報告を受けて、漢方でのアプローチを含めてご紹介したいと思います。

他の方の妊娠報告は、辛く感じる事があるかもしれませんが、私のお客様は、長い間妊活を続けてこられた方がほとんどです。

妊娠までの経緯を知る事で、励みにして頂きたいと願っています。

Mさん(39歳)は、クリニックの漢方外来に、12月に初めて来て下さいました。

体外受精にチャレンジされて、採卵するものの、卵の育ちも少なく、採卵できても育たないという事が続かれていました。

カウンセリングの結果、

・「気鬱」ストレスによる心身の不調:喉の詰まる感じなど

・「血虚」貧血とイコールではなく、妊娠にも必要な栄養素としての「血」の不足

・「血流の悪さ」がありました。(Mさんの場合は、ドロドロ血ではない血流の悪さ)

が、ありました。

これらの不調は、五臓六腑でいう「肝(自律神経を司る」の不調から引き起こされていましたので、それらを考慮した処方をご提案しました。

具体的には、気の流れを改善させて、血の生成を助け、血流を良くしていきました。

ご本人からも、体調の変化をご報告して下さったので、紹介させて下さいね。

漢方を初めてからの身体の変化ですが吹き出物がなくなり、ピカピカに起床時の身体が軽く、疲れにくくなりました。

一番助かったのは、イライラしないこと!

以前は怒りっぽく 嫌な事をずっと引きずっていましたがあまり気にしなくなりました。

漢方を飲まなくなったら、また以前のように精神が病むのかと思うと恐ろしくなります。

長年の喉のつかえ感がなくなったのは本当に感動でした。

この漢方を処方して頂けたことに感謝感謝です。

きっと漢方を飲んでなかったら、いい卵は採れてなかっただろうし妊娠することもなかったと思います。

まだ心拍確認が残っているので、あまり浮かれていられませんが・・・

住吉より

メッセージ、ありがとうございました。

心拍確認までも、心拍確認後も、おそらく不安になってしまう事はあると思います。

出来るだけ、穏やかに過ごして頂きたいのですが、難しいんですよね。

出来る範囲で、ゆっくりしてみて下さいね。

そんな中、漢方での身体作りの変化を感じて、ご報告を下さり、感謝しています。

身体の状態が整って、妊娠につなげて下さった事、私もとても嬉しいです。

これからも、応援しています。

読んで下さった方もありがとうございました。

私の処方の方針はこちらでご紹介しています。