・「漢方での妊活と、不妊治療は、同時に行う方がいいですか?」

今日は、先日開催した妊娠しやすい体づくりセミナー【漢方のお話会】でお受けしたご質問に、こちらからおお答えしていきますね。

参加頂いた方から、

「現在、治療をしているのですが、一緒に漢方を取り入れていいのでしょうか?

漢方で体作りをしてから、治療をしていく方がいいのでしょうか?」

というご質問を頂きました。

これは、漢方を扱う方によって、意見が分かれています。

私の意見になりますが、治療をされる場合には、基本的に、同時進行していただく事が多いです。

個々の体調や、メンタルの状況によって異なるのですが、治療する先生の意見も伺って、その治療に合わせて、漢方での身体作りをご提案していきます。

なぜなら、漢方を初めて2、3ヶ月で妊娠されるケースも、多いからです。

また、身体作りと同時進行での治療は、治療による副作用を軽減する処方を、ご提案する事も可能です。

ただ、

・身体の疲労がひどい

・冷えがひどい

・体調が悪い

・ホルモンの数値が良くない

などがあれば、少し身体に自信が持てるように、身体を整えてから、治療にチャレンジした方が、スムーズに治療が進むケースもあります。

そして、漢方に限らず、治療中も、ご自身を大切にする養生は、続けて頂きたいと思っています。