・私の処方方針

今日は、私のカウンセリングでの「処方方針」を、ご紹介させて下さいね。

妊活をされている方で、「漢方」に興味のある方は、とっても多いと感じています。

「漢方で体質改善して、妊娠しました!」

という声も頂きますし、私もそんな一人です。

でも、

「自分には、合わない」
「飲んでいるけれど、自分にはあまり効かない」

そんな声も、よく頂きます。

o0400026613375505235

実は、漢方薬が効かない時というのは、大きく5つの理由があります。

・漢方の専門家ではない方に処方してもらった

・予算が合わなくて、続かなかった

・「漢方」が「漢方薬を飲むだけ」になっている

・必要な養生が生活に合わなくて、続かない

・「不安になる」「比べてしまう」心の状態を、フォローしていない

少し分かりにくいですよね。

 

実は、「医師」「薬剤師」には、国家資格が必要ですが、漢方にはそれがありません。

 

つまり、漢方を処方する人には、知識の偏りがあります。

かかる費用も、漢方薬局では高額になる場合もありますが、保険診療が使える漢方薬もあって、ご負担を少なくする事も可能です。

 

また、「漢方」は、「漢方薬を飲むだけ」と考えていらっしゃる方も多いです。

 

でも、漢方薬を飲む事よりも、あなたに合った養生を知る事が優先です。

養生は、あなたの体の気血水を整える生活習慣です。

o0400024013423494652

漢方薬は、人の弱いところを補い、その方がもっている本来の力を引き出します。

でも、あなたの生活習慣が、「体を弱らせる生活習慣」になっていたら、それを見直さないと、漢方薬も効きにくいです。

そして、養生も「添加物はいっさいダメです!」など、あまりに生活からかけ離れた指導の場合、続きません。

 

漢方には、「心身一如」という考えがあります。

 

これは「心と体は、繋がっている」という考えです。

いくら「体にいい事」をしても、頑張り過ぎて、ストレスになったら、「体に良くない事」になります。

そして、「不安になる」「比べてしまう」心を置き去りに、体だけを良くしようとしても、どんどん心が苦しくなっていきます。

 

「自然に涙が湧いてくる」「未来が考えられない」そんな鬱症状が、でてくるかもしれません。

o0400024013422838499

あなたは、いかがですか?

もし、思い当たる事があったら、それが漢方に、「効果を感じられない理由」かもしれません。

こんな理由から、私のカウンセリングでは、まずあなたの体質と、今の状態を詳しく伺います。

o0400030013421555295

そして、「体質」「生活」「不安な心」「ご予算」まで含めて、あなたに必要なカウンセリングと漢方をご提案しています。

ここで、これまでに、私のカウンセリングを受けられたお客様(Kさん)の事例をご紹介させて下さいね。

Kさんは、1年以上も当帰芍薬散を服用されていました。

当帰芍薬散は「妊活処方」として、有名ですよね。

でも、ずっと体が辛いまま過ごされてきて、「合ってるのか不安で。。」そう言ってご相談に来て下さいました。

早速、カウンセリングで、現在のお身体の状態と、生活について伺うと、気虚、血虚による疲労感や、無気力、不眠などの身体の不調がありました。

妊娠の準備をする為には、身体に余力がある必要があります。

身体が弱りきっていたら、身体は、妊娠よりも体力の回復を優先させてしまうからです。

まずは、体を労って、妊娠に備えて体力を回復させる事が大切です。

また、Kさんは、将来への漠然とした不安感がとても強かったので、

「生きるのって大変ですよね」

そんな言葉も、口にされていました。

不安感を抱えたまま、妊活に取り組んでも、鬱症状を招く事があります。

その為、私は、まずKさんにも、今のご自身の状態を詳しく説明させていただきました。

具体的には、

・Kさんの心と体は、悲鳴をあげていて、それが体調不良として表れている事

・悲鳴をあげている体で、Kさんがどんなに頑張ろうとしても、より疲弊してしまう事

・妊活に向けてKさんに必要な事は、心と体を労って、今の不調を取り除く事だという事

などをお伝えしました。

Kさんも、今の不調を引き起こしている原因と、今するべき事を理解されて、それだけでも安心して下さいました。

そして、私の方からも、まずは今の不調を取り除く処方を組ませて頂いて、1ヶ月後にこんなご感想を頂きました。

漢方は以前も数種類を飲んでいたので、それほど手間も感じずに問題なく飲めています。

漢方を飲みはじめて、体がポカポカしているのが分かりますし、不思議と肩凝りなども前ほどひどくならないんです!

そして、なんといっても、「気持ちが落ち着いてきている」ように感じます。

いつもつきまとっていた、不安感などがなくなってきたみたいです。

この気がラクな感じ、久しぶりです。

まだ完全に、というわけではないですが、すごく嬉しいです!

漢方薬は、時間がかかると考えていらっしゃる方もいますが、本当に必要な処方なら、1ヶ月で効果を感じて頂ける事も多いです。

また、Kさんは、使う処方を、本当に必要な物だけに絞った結果、毎月かかる費用も1万円ほど減りました。

現在は、自分の体質を不安に思われる事がなくなったので、子宮や卵巣の環境を整える処方に、漢方の種類を変更して、妊娠しやすい体づくりをして頂いています。

私は、今までに300人を超える方の妊娠までのお手伝いをさせて頂きました。

その中で、漢方薬を効かせる為には、「効かない理由」を取り除く事が大切だと感じています。

あなたの、今の状態にあった漢方を、正しく取り入れる事で、妊娠しやすい体は作っていく事ができます。

あなたの体を妊娠しやすい体にしていく事で、あなたは、自信を持って赤ちゃんを迎える事ができるようになります。

o0400026613375493872

そして、出産、育児に対しても、不安に思わず、楽しみに変えていく事ができます。

あなたも自分の身体と心に自信を持って、赤ちゃんを迎えませんか?