・ストレスが良くないと思っていても、妊活が最大のストレスです。

更新の励みになっています。

昨日は、お昼過ぎに大きな地震を感じました。

とっても怖かったです。

災害は、本当に怖いですね。

被害が出ない事を祈りながら過ごしました。

当たり前の日常が、当たり前でないと感じます。

今日は、来週カウンセリングに来てくださるお客様からのご質問に、こちらからお答えさせて頂きますね。

参考にして下さる方がいれば、嬉しいです。

o0400026613624722059

こんにちは。◯◯です(^_^)

カウンセリング前ですが、一つ教えて下さい。

今日、病院で卵胞の発育がいつもよりも遅いので、先生から「何かストレスあった?」と聞かれました。

ストレスが良くないと思いますが、妊活が最大のストレスです。

それ以外に、特にストレスはないです。

妊活がストレス過ぎて、芸能人の妊娠が今朝もやっていて、それがストレスです。

前に書かれていた、芸能人の妊娠と比べてしまう話は、私もです。

忍さんの、ブログで漢方でストレスがなくなる?と感じますが、どうなんでしょうか?

(中略)

カウンセリングは、楽しみにしています。

ブログもメールも元気をもらっています。

カウンセリングの時でもいいのですが、良ければ教えて下さい。

ご質問ありがとうございました。

私も、妊活中、ストレスは感じていました。とっても。

でも、妊活がストレスでは、なかったと思います。

妊活ではなく、赤ちゃんが来てくれない事が、ストレスでした。

もう少し言うと、赤ちゃんが来てくれるか分からない、見えない未来がストレスでした。

一緒のようで、ちょっと違うのが、伝わりますか?

妊活は、「赤ちゃんが過ごしやすい、妊娠、出産、育児へ向けた気力と体力を養う」と思うと、前向きに取り組めました。

赤ちゃんが来てくれなくても、来年の何月には来てくれる!

そう決まっていたら、来てくれない時期も、楽しんでいたと思います。

ただ、いつ来てくれるか分からない、もしかしたら、来てくれないかもしれない不安が、とてもストレスでした。

あなたは、いかがですか?

ストレスが、身体に及ぼす影響は、

・適応障害(対処、適応の困難)

・気分障害、不安障害(精神症状)

・心身症(臓器の器質的、機能的障害)

こんな感じに現れます。

ちょっと、漢字多いですね(⌒-⌒; )

でも、健康な本来の身体は、日常にストレスが溢れていても、それに対処できるようになっています。

何かに頑張り過ぎたり、ストレッサーが大き過ぎたり、身体が疲れていると、人はストレスに負けてしまいます。

そして、人によって、そのストレスがどんな風に身体へ影響はするのかは異なります。

妊活がストレスなら、頑張り過ぎているのだと思います。

カウンセリングでも伺いますが、何かを我慢したり、治療費の事が気になったり、夫婦関係の事などが関係しているのかもしれません。

妊活は、赤ちゃんを迎える準備と考えるのは、どうでしょうか?

赤ちゃんを迎える準備と聞いて、苦しくなりますか?

ワクワクしますか?

これも、人によって異なると思います。

漢方では、その不安やストレスが、どこから生まれているのか。

また、どこに現れているのかを分析して、体質改善に取り組みます。

・気虚?

・気うつ?

・気逆?

・陽虚?

・瘀血?

・寒証?

こんな分析をして、さらにストレス以外の身体の状態から、また分析していきます。

ストレスを感じたり、ストレスに弱い事は、あなたの心が悪い訳ではありません。

そういう身体の状態なんだと思います。

心が変われば身体も変わると、よく聞きます。

そして、身体が変わると心も変わります。

漢方で、ストレスがなくなる訳ではなく、対応しやすくなると思います。

カウンセリングでは、その方にとって必要な赤ちゃんを迎える体質改善を、ご提案しています。

漢方の体質診断を使いますが、今のあなたに、何が必要かもカウンセリングさせて頂きますね。

 

妊活がストレスに感じる時は、分析してみる事もオススメしています。