・友人の妊娠を、喜ぶ事ができません。

最近、ブログの読者の方から、

「友人の妊娠を喜ぶ事ができません。羨ましくて、置いて行かれた気分になります。」

というメッセージを頂きました。

この声は、珍しい声ではなく、とってもよく頂く声です。

以前メール講座からお届けした内容になりますが、こちらからお返事として、書かせて下さいね。

o0400026613624722059

「周りの妊娠」を聞いた時、あなたはどう感じますか?

「よかったー!!おめでとう!!」

って、思える方は、すみません。

この先、読む必要がないかもしれません。

「いいな~。羨ましい。私はずっと待ってるのにな。。」

って、落ち込んでしまう時は、少し、気をつけて頂きたい事があります。

もし、あなたが、周りの妊娠を喜ぶ事が出来なくても、そんなあなたを、絶対に責めないで下さい。

喜べない事は、「優しくないから」ではありません。

優しくないのは、喜べない気持ちを相手にぶつけて、攻撃する事です。

それさえしなければ、周りの妊娠を喜べない位、不安になって、頑張ってるあなたを、癒してあげて下さい。

妊娠が、競争でない事は、あなたも、理解されていますよね。

でも、自分が努力している中で、先に結果をだした人がいたら羨ましく感じるのは、自然な感情です。

むやみに妊娠した方を攻撃するのは、お互いを傷つける結果になるので、お勧めしません。

「おめでとう」って心で思えなくても、「おめでとう」って声に出せる事も、優しさだと思います。

「おめでとう」って声にだせたら、花マル!

あとはもうシャットダウンしていいので、あなたの不安な心を癒して下さい。

喜べなかった事は、相手に優しくないからではなく、あなたの心のSOSです。

あなたのSOSを、本当の意味で助けてあげられるのは、あなただけです。

お友達の妊娠を喜ぶのは、この際、他の誰かに任せましょう。

そして、本当に、信頼できるお友達なら、今の状況を話してしまってもいいと思います。

本当のお友達なら、時間がかかる事はあっても、きっと、応援してくれるし、分かってくれます。

「流産してなかったら、同学年だったのにな。。」

「同級生の子を産みたかったな。。」

「私の方が、ずっと先に結婚したのにな。。」

そんな気持ちが湧いてきたら、その気持ちに蓋をしないで、受け止めてみて下さい。

蓋をして、我慢して、自分に湧いた感情を否定してしまうと、苦しくなってきます。

よくこんな質問を頂きます。

「黒い感情をもってしまうから、妊娠できないのでしょうか?」

「ポジティブに考えられないから、妊娠できないのでしょうか?」

私からの答えは、NOです。

黒い感情があっても、ネガティブ部の部長でも、妊娠できます。

ただ、その感情を責めたり、ネガティブな自分を責めてしまうと、心身に不調を招く事は、あります。

よくあります。

だから「喜べない感情」も否定せずに、傷ついたり、頑張り過ぎている結果、湧いてきた感情を癒して下さいね。

喜べないご自身を責めてしまうのは、あなたが優しいからです。

大丈夫です。

喜べなくって、全然OKです。

金曜日、週末ですね。

あなたに、優しく過ごしてみて下さいね。

読んで下さった方も、ありがとうございました。

 

ご質問は、こちらからのお返事にさせていただく事も多いので、良かったら、ご登録下さい。