・低温期でも、36.7度前後あります。

今日は、読者の方から頂いたご質問にこちらから、お返事を書かせて頂きますね。

忍さんに教えて頂きたい事があります。

よく「女性は体を冷やさないよう温めましょう」と聞くのですが、私は娘を出産してさらに体温が高くなりました。

低温期でも36.7度前後あります。

他にも様々な症状があります、、

第一子妊活するまで飲んでいた定量ピルの生活が本当に穏やかに過ごせました。

ただ第二子妊活中なので活用出来きない状況です。

色々気になっている症状があるのですが1番気になっているのが 体温が高めな事です。

このような症状は何体質になるのでしょうか?

いつも参考になる情報と、やわらかくあたたかいエネルギーをありがとうございます。

【しのぶより】

メッセージ、ご質問、ありがとうございます。^ ^

低温期、36.7度は高めですね。

低温期の理想は、36.3~36.5度位です。

そして、高温期は、36.8~37.0度位です。

あくまで理想なので、この値でなければ、妊娠しないという事ではありません。

そして、妊活中は、冷やしてはいけないというのは、鉄則で間違ってはいません。

「低温期が、高すぎると良くないですよ。」とお伝えするのは、その高い原因になっている事が、卵の質に、悪影響を与えている事が多いからです。

頂いたメッセージだけで、この方の体質を判断する事はできません。

高くなる原因は、「陰(潤い)の不足」「気滞(ストレス)」「瘀血(血流が悪い)」などが考えられて、それぞれの対応は異なってきます。

西洋医学的に、お伝えすると、卵胞ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

一例を上げると、更年期には、体温は上がりやすくなるんですね。

ピルで、調子が良くなるという事は、自身のホルモンバランスは、乱れていると考えられます。

生活習慣の中でも、

・睡眠不足

・睡眠の質が悪い

・ストレス

・食事の乱れ

などが、体温を上げる原因になり、それらは、卵の質を低下させる原因になります。

漢方では、「陰」を補ったり、「気滞」を改善する事、瘀血の改善をする事などで、卵の成熟を促すサポートをしていきます。

その結果、低温期はしっかり体温が下がり、高温期は上がるようになります。

また、低温期が高いからと言って、身体を冷やすのは、逆効果です。

・「陰の不足」がある方には、身体をカサカサにします。

・「気滞」がある方には、のぼせるけれど、内臓は冷えているという状態を招きます。

・「瘀血」のある方は、気滞の方の症状と、さらに、血流の悪化を招きます。

「低温期が高くなった」という事は、あなたの身体からのSOSの可能性が高いです。

そのSOSに気付き、助けてあげられるといいと思います。

読んで下さった方っもありがとうございます。

「私の体質はなんなの?」という方は、こちらの記事も参考になさってくださいね。