ウィメンズ漢方の住吉です。

お客様には、病院の検査で以上があったり、不妊治療がうまくいかなくて漢方相談へお越しくださる方が多いです。

「なかなか妊娠しないな・・」
「もしかして妊娠しづらいのかな?」

そう不安に思い、不妊専門クリニックを受診前に漢方相談へご相談にいらっしゃる方もいます。

不妊についてですが、一般的な目安では「避妊をしないで性行為を続けて一定期間経っても妊娠しない場合」をいいます。

自然妊娠しない「一定期間」とは、日本産科婦人科学会では、1年としています。

統計では、1年で80%、2年で90%が妊娠にいたるというデータもあり、残りの10%が不妊症の可能性があると考えられます。

不妊の原因については、基本的に病院でしかわからないこともあるので、ウィメンズ漢方では、病院の受診もおすすめしています。

漢方で妊娠しやすい体作りをおすすめしたい方

病院で異常が無いのになかなか妊娠しない。。

そんな時、漢方の体質で診ると、「気・血・水」の流れが悪かったり、五臓六腑の働きが悪くなっていたりすることは、よくあります。

ここで、漢方で妊娠しやすい体作りをおすすめしたい方の簡単なチェック項目をご紹介します。

【女性の場合】

・年齢が35歳以上
・生理周期が短くなってきた
・生理痛がひどい
・PMSがひどい
・月経血の量が多すぎる、または少ない(少なくなってきた)
・睡眠の質が悪い(眠りが浅い、寝つきが悪い)
・初潮が18歳以上
・生理不順
・おりものに色がついていたり、匂いがある
・陰部にかゆみがある
・基礎体温が低すぎる、高すぎる
・むくみがひどい
・下腹部に違和感がある
・性交痛がある
・排卵日におりものが増えない
・腹痛が頻繁にある
・貧血がある
・頻尿や尿もれがある
・いつもだるい
・強いストレスを感じている(妊活に関しても)
・食生活が不規則だったり、偏っている
・タバコ、お酒の量が多い
・痩せすぎ、または、太りすぎている
・冷え性

【男性の場合】

・性欲がない、または減退している
・性液量が少ない
・性行為が気持ちよく感じない
・性行為に時間がかかる
・タバコ、お酒の量が多い
・ストレスが強い
・ヒゲが薄い

病院での受診で「異常」とは言われなくても、上記に当てはまる項目が多い方は、漢方で体をしっかりとケアすることで、妊娠しやすい体作りができ、赤ちゃんを迎えやすくなります。

ご自身で出来るケアについては、こちらでご紹介しています。

【クリニックの漢方外来・個別の漢方カウンセリングのご案内】

矢内原ウィメンズクリニック(鎌倉)の漢方外来
京野アートクリニック高輪(品川)の漢方外来
みむろウィメンズクリニック(町田)の漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座(銀座)の漢方外来
八重洲中央(八重洲)クリニックの漢方外来

はるねクリニック・八重洲中央クリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。

個別の漢方カウンセリングはこちらの予約フォームからご予約可能です。