今日は出産のご報告が含まれた記事になります。

ブログを読んでくださっている方の中には、出産報告が辛く感じる方がいることも感じています。

ただ、ウィメンズ漢方のお客様は、長い不妊治療の末のご出産を迎えられる方も多いです。

未来を重ねていただきたい気持ちを込めて、ご紹介させていただきますね。

大変ご無沙汰しています。〇〇です。

住吉先生にご指導いただき、その後、体外受精にトライし、今年の初めに妊娠をご報告しましたが、7月27日に2500グラムの女の子を出産しました。

予定日は8月26日でしたので、医学的には早産でしたが、経膣分娩でき、子供は保育器に一日入っただけで、ほぼ予定通り退院できました。

わたしは出産中2リットル出血して輸血をしたりしましたが、現在は元気にしており、実家で養生させてもらいながら、新米母として子育てをしております。

無事1ヶ月検診も済ませ、小さいながらもまずまず順調に育っています。

不妊治療に行き詰まっていた時に、住吉先生にお会いでき、お話しできたことは大変励みになりました。

変わらずご活躍のことと思いますが、今後もわたしのように悩んでいる人を支えていっていただければと思います。

住吉より

メッセージありがとうございました。

このようなメッセージをいただくと、わたし自身も心が震えるほど嬉しく感じています。

カウンセリングでは、たくさんお話ししましたよね。

色々と不妊治療で行き詰まっていらっしゃいましたが、漢方の効果がで始めると同時に、陽性の報告をいただいたことを覚えています。

これからもママとして頑張りすぎず、楽しんでみてくださいね。

変わらず、応援しています!

実は、妊娠報告に続き、出産報告も続々と入ってきています。

全てをご紹介はさせていただいていないのですが、結果を出してくださった方が、ウィメンズ漢方の活動も応援してくださり、本当にありがたく思っています。

【クリニックの漢方外来・個別の漢方カウンセリングのご案内】

矢内原ウィメンズクリニック(鎌倉)の漢方外来
京野アートクリニック高輪(品川)の漢方外来
みむろウィメンズクリニック(町田)の漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座(銀座)の漢方外来
八重洲中央(八重洲)クリニックの漢方外来

はるねクリニック・八重洲中央クリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。

個別の漢方カウンセリングはこちらの予約フォームからご予約可能です。