こんにちは。
漢方カウンセラーの浅井直子です。

お鍋が美味しい季節になりましたね。

漢方もそうですが、基本的に、美味しいと感じるものは身体が求めているものになります。

この求めているものがチョコレートやケーキの場合、残念ながら、どうぞどんどん食べてください!とは言えないのですが、身体に良いものは積極的に摂っていきたいですよね。

今回は、冬におすすめの食べ物を紹介していこうと思います。

漢方では、冬は「寒」の季節と考えます。

「寒」は、子宮の冷えや血流の悪化の原因など、妊活女性にとって悪い影響になりかねません。

赤ちゃんを迎えるために、やさしく温めてあげる食材がおすすめです。

また、活動力が増える春に向けて必要な気血水を蓄えるために、「貯蔵」を大切にしてほしい季節でもあります。

この蓄わえるという役割で重要な臓器は「腎」になりますので、そちらも一緒にフォローできるといいですね。

「腎」を中心に温めてくれる食材として、

・にら
・ブロッコリー
・マッシュルーム
・鯛
・海老

「脾」をやさしく温めてくれる食材もおすすめです。
吸収された栄養分が「気血水」を作る助けになります。

・かぼちゃ
・かぶ
・ねぎ
・舞茸
・生姜
・鶏肉
・鮭
・マグロ

旬の食材ばかりですね。

組み合わせてお料理にしてみましょう。

例)
・かぼちゃ、かぶ、マッシュルーム、ブロッコリー、鶏肉を使ったほっこりクリームシチュー
・お野菜と鶏肉or鯛、鮭をふんだんに使った温かいスープや、ほくほくお鍋
・鮭を酒蒸しにして、生姜、ねぎ、舞茸のあんかけソースで

冬は乾燥する季節でもあるので、一緒に水分も摂れる調理方法がおすすめになります。

また、水分(潤い)は果物からも積極的に取り入れられます。

・りんご
・みかん

どちらも冬といえばの食材ですね。

冬の乾燥は、お肌はもちろん、唇やのど、目、肺、さらには卵巣や子宮にまで影響することも。

冷えと同じくらい、女性の天敵です。

ちなみに、果物は冷えて良くないのでは?と気にされる方もいらっしゃいますが、適量であれば大丈夫です。

ぜひ、チョコレートやケーキの代わりに、冬のおやつに取り入れてみてはいかがでしょうか。

冷えも乾燥も、漢方で改善できることも多いので、気になるという方はぜひ漢方外来にいらしてみてくださいね。

【クリニックの漢方外来・個別の漢方カウンセリングのご案内】

矢内原ウィメンズクリニック(鎌倉)の漢方外来
京野アートクリニック高輪(品川)の漢方外来
みむろウィメンズクリニック(町田)の漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座(銀座)の漢方外来
八重洲中央(八重洲)クリニックの漢方外来

はるねクリニック・八重洲中央クリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。

個別の漢方カウンセリングはこちらの予約フォームからご予約可能です。