ウィメンズ漢方の住吉です。

「妊活中ってリラックスが大切ですよ。」

「頑張りすぎないで力を抜いてくださいね。」

こんな意見を聞いたことはありませんか?

はい、私もお伝えしています。。

ただ、できる方とできない方がいると感じています。

頑張るのをやめてリラックスしようと思っても、リラックスするために頑張っちゃうことってよくあると思っています。

「ゆっくりお風呂浸からなきゃ!」

「温泉とか行かなきゃ!」

「趣味とかも充実させなきゃ!」

という感じになることです。

もし、あなたがこのようなタイプだったら、、頑張っていいと思います。

頑張ることが好きなら、頑張って大丈夫です。

心地よく感じないことだけど、妊活のためだから・・と取り組んでいることは、頑張りすぎると、しんどくなってきます。

頑張ることが趣味というか、頑張ることを探しているのかもしれません。

頑張ることや、自分の未来を幸せな未来にするために思考錯誤することは、悪いことではないと思います。

ただ、側から見たら苦しそうに見えるかもしれません。

でも、どんな妊活をするかは、ご本人にしか決められません。

頑張ることや悩むことをしないように頑張っちゃう方は、もう堂々と頑張って、いっぱい悩んで妊活してください。

「頑張りすぎたり、悩んでばっかりいるから赤ちゃんが来てくれない。」

そんなことは、絶対にないです。

「絶対に」です。

それが理由ではありません。

なぜなら、私も頑張って頑張って、悩んで悩んで妊活をして、娘を授かっているからです。

ご相談者さまの中にも、頑張って、頑張って、悩んで、努力されて、妊娠されている方がたくさんいます。

できるなら、心地よいことを頑張って、好きなことを頑張って、悩んだ先には、素敵な未来を描いていただきたいと思っています。

それがリラックスに繋がる方だっていると思います。

これは、漢方でいう「肝(感情を司る)」をコントロールすることに繋がります。

肝は自律神経と深い関わりがあるので、上手にコントロールすることが大切です。

ただ、もちろん体の声もちゃんと聞いてあげてくださいね。

体の状態を無視して、頑張ることはおすすめしません。

不調が出た時は、体を休めることを優先させてください。

不安な気持ちや、頑張りすぎてしまう・・という時、ご相談時にお気持ちも教えて頂けると、処方選定に役立ちます。

【クリニックの漢方外来・個別の漢方カウンセリングのご案内】

矢内原ウィメンズクリニック(鎌倉)の漢方外来
京野アートクリニック高輪(品川)の漢方外来
みむろウィメンズクリニック(町田)の漢方外来

*クリニックに通われている方限定の外来になります。ご希望の方は各クリニックの受付(京野アートクリニックの方はWEB予約)でご予約をお願いします。

はるねクリニック銀座(銀座)の漢方外来
八重洲中央(八重洲)クリニックの漢方外来

はるねクリニック・八重洲中央クリニックでは、漢方外来のみの受診も可能です。WEB、もしくは、お電話でご予約をお願いします。

どちらの外来も、問診票の記載項目が沢山ありますので、事前にダウンロードして記入して頂くか、クリニックでご記入の場合は、予約時間の15分前にはご来院ください。

個別の漢方カウンセリングはこちらの予約フォームからご予約可能です。